HOME おすすめ情報 チラシのここに注目! モデルルームチェックシート モデルルームQ&A
 
モデルルーム見学の素朴な疑問にお答えします。
疑問を解決して気軽にモデルルームに行こう!
1.モデルルームに行く時のファッションは?
  見学に行く際の服装は、動きやすいほうがベスト。靴も脱ぎやすく、履きやすい長時間動き回っても疲れないものがよいでしょう。

2.雨でも見学に行ったほうがいい?
  もちろん!雨の日の見学は外廊下の吹き込みはないか、敷地内に雨水が流れ込まないか、滑りやすくならないかなどチェックできるのでぜひ行ってみよう。

3.平日と休日、どっちに行くべき?
  購入希望マンションが決まってきたら、どちらも行ってみるべき。前回が平日なら今回は日曜祝日に再度見学に行ったほうがよいでしょう。

4.買うかどうかわからないけど、見学はOK?
  ここぞ、という物件以外にも参考に行ってみることをおすすめします。
設備などの比較ができ、新たな情報を入手する可能性もあります。また、それぞれのメリット・デメリットもわかってくるでしょう。

5.買うか買わないかその場で決めたほうがいい?
  その場で決めるのは危険!できれば、数日後、冷静になってから判断したほうがよいでしょう。
その場の雰囲気に流されず、他の物件と比較、検討してからあなたにぴったりの物件を見つけましょう。

6.見学時間はどのくらい?
  最低でも1時間はかかります。見学には余裕を持って。
どうしても時間がない場合は、「時間がないから部屋だけ見せてほしい」ときちんと断わればOKです。

7.いい営業マンはどんな人?
  的確に質問に答えてくれたり、物件を比較検討し親身になって相談にのってくれると理想的な営業マンといえるでしょう。
しかし、お互い人の子、買う側も誠実な態度で。どうしても合わないときは、上司に言って担当者を替えてもらいましょう。

8.不動産についての知識が全くないけど、大丈夫?
  モデルルームは住宅購入の勉強の場、何もわからずに行っても問題ありません。
あらかじめマンション購入本を読んでおけば、より深い見方ができるでしょうが、ともあれ、まずは「ちょっとのぞくだけ」ぐらいの軽い気持ちで行ってみましょう。

9.後からしつこく電話されるのでは?
  「営業マンに電話されるのはいやだ」と伝えれば、常識のある不動産会社なら無理な勧誘はしないはずです。

10.モデルルームは何件見ればいい?
  たくさん見るに越したことはありません。
おすすめは、土日などの休日にまとめて3件程度に足を運ぶこと。まとめて見ておけば、おのずとそれぞれを比較でき、特徴や違いがはっきりわかるはず。また、広さ・価格・プランなどの相場感覚もついてくるでしょう。
体力や集中力の兼ね合いもありますので3件ほどが適当でしょう。
  このページのトップへ